■各国の誕生石



   誕生石は国によって異なるものです。現在の主な誕生石は、
   1912年8月にアメリカのカンサス・シティーで開催された
   米国宝石組合大会で決められたものが中心です。1月と2月は
   各国共通ですが、その他の月は異なっています。12月の誕生石
   にタンザナイトが選ばれたのは最近です。イギリスは、水晶の
   人気が高いせいか4月にロック・クリスタル(無色透明の水晶)が、
   5月にクリソプレーズ(アップルグリーンの石英の塊)が、
   そして、7月にカーネリアン(オレンジ色の石英の塊)が追加
   されています。ラピスラズリは9月の誕生石となっています。

   オーストラリアの誕生石を見てみると南半球なので季節は
   アメリカなどとは逆になります。このため、新緑の緑を意味
   するエメラルドは11月の誕生石になるはずです。しかし北半球
   の国々と同じ5月になっています。オーストラリアはかつて
   英国領でした。そのためか、イギリスに似ているようです。

   カナダの場合は英語とフランス語の二つが公用語で法律でも
   対等に使用することが定められています(カナダ国内の
   交通標識は英語・フランス語両方で書かれています)。
   しかし、誕生石の選定は隣国のアメリカに似ています。

   フランスを見てみると、アメリカとはかなり異なっています。
   こうしたところでアメリカに対抗する姿勢がみられます。
   3月と9月、そして、10月は色彩にしてもかなり違ったものに
   なっています。真珠(パール)はフランスの国の宝石ですが、
   なぜか6月の誕生石に指定されていません。日本の誕生石は
   サンゴとヒスイが追加されているのが独自なところです。

■本サイト人気コンテンツ


  ★ どんな由来がある?
  ★ 本当の意味がある?
  ★ 誕生石の実状は?
  ★ プレゼントとして活用
  ★ パワーストーンについて
  ★ 星座石が人気の理由